News

穴のあいた下駄箱の扉です。

住宅リペアで修復します。

ご回覧ありがとうございます。

 

トータルリペアくさかです。

 

今回は下駄箱の扉に穴があいてしまった場合の補修です。

 

中が空洞で割れた部分がぶらぶらになっております。

 

こんな時の対処方法の一例です。

 

参考までにお読み下さい。

 

中が空洞の扉の補修

10㎝前後の穴のあいた木目のついた扉です。

補修価格15000円からになります。

それでは施工していきます。クリーニングをします。今回は穴の補修に2液の接着剤を使います。穴に2液の接着剤を配合して充填して強化します。硬化したら足付けを兼ねてサンディングをします。割れた部分の強度を調べて良ければ上にパテを充填します。パテが硬化したら表面が平になるまで繰り返して施工します。表面が平になったらサフェーサーをスプレーします。巣穴などがあればスポットパテで塗布します。乾燥したら細目のサンドペーパーでサンディングをして下地を完成させます。グランドカラーに合わせて調色をします。色があったらエアーブラシで塗装します。色が決まったら木目をブレンダルステック(クレヨンみたいな物)を使って描きましたが木目がハッキリしすぎたので0.2mmのエアーブラシで木目を書いてみました。見た目は良くなりましたが遠目に見ると全体的に黒くなってしまったのでグランドカラーを上からぼかす程度に塗装してみました。見た目は良くなったので艶を調整して完成させました。が写真を撮るとご覧の通り黒く見えます!修正も考えましたがお客様に見てもらったところ「穴どこだっけ!全然わからない」との返答でOKをもらいました。自分的には納得していないので今後の課題です。札幌市、北広島市近郊の方々家具の補修はトータルリペアくさかにご相談ください。

Company

プロの技で大切な家具やカーインテリアを元の状態に近づけ美しい輝きに大変身させます

概要

会社名 トータルリペアくさか
代表者 日下 俊一
住所 〒061-1276
北海道北広島市大曲緑ケ丘7丁目
電話番号 080-5831-3562
営業時間 9:00 - 18:00
定休日 不定休

アクセス

様々な物のリペアを承り、お持ちの家具の内装の修理、フローリングや柱などの原状回復などベテランの職人が元の状態に近づけます。補修だけではなくのマニキュアコーティングもでき、お客様のニーズに合わせたメニューを豊富に揃えています。中間業者を挟まず直接依頼を承るので費用も抑えられます。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事